関門ドラマティックファイトVOL.1 最終練習。

関門JAPANボクシングジム


会長らとの食事会を終えた夜8時。アマチュア時代からの恒例、前日練習の為に選手らを乗せてジムに集まる。中川編集長、平川血、熊井くんらも明日の興行で使う備品を車に積む為に集合してくれた。


前日には疲れを抜く為に一切動かない選手もいる。だけど、この前日の確認作業は選手に不安な夜を過ごさせない為にも、チームの結束を高める為にも大切な儀式だ。

「さあ!そんなら軽く動いてミットいくか!ミットする人~!?」 と聞くと全員が手を挙げた。

一人で四人のミット持ち・・俺の事も考えてほしいな~(T_T)


バーニングから。不安要素の残る直人の課題は「柔軟性」。ここ最近いつも不安要素があるなー(^^;) まあ、それでも応援してくれる「人の為に」「今できる事」やな。不安要素は神様が与えた直人への課題だ。


アクセル。苦手な減量を終え、絶好調かと思いきや若干堅さが気になる。初興行のプレッシャーか?課題を相手に向けずに自身に向けてベストを目指せ。今度は調子に乗って倒されんなよー


フィーバー。相変わらず打つときの力みが抜けない有亮やけど、色気のない無骨な戦い方は四回戦では逆に有効だ。主武器の右ストレートと左ボディ、スタミナでの後半勝負に懸ける。


ジャンプ。相手選手より正樹の方が身長があるようなのでアッパーを織り交ぜたコンビネーションをいくつか用意した。スタミナも付けた。根性も付いた。センスのある正樹みたいなタイプは無骨な相手ほど怖い。4ラウンド戦う集中力が鍵になるだろう。

夜10時半。荷物の積み込み、選手らとの最終練習を終えて、ホテルに戻る。車中「気功したい人~?」と聞くとバーニングとジャンプが手を挙げた。

もー 寝る時間が減るがなー(T_T) 明日は7時起きで8時から怒濤の会場設営と初興行が始まる。疲労と寝不足で明日俺大丈夫か~??        当日の会場設営へつづく。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧