ジュニアスクール 心の勉強 ~ありがとう~

高橋イズム


座禅が終って、今日の「心の勉強」テーマは・・「感謝」!

「みんなは今、悩みや心配や不安はないか?」と聞くと半数以上の子が手を挙げた。

へ~ 高学年にもなるとみんなたくさん悩みが出てくるんやな~ と思った。(まあ、僕は悩みだらけの少年時代だったけどね・・)

「じゃあ会長が、心が穏やかになって、前向きになれる魔法の言葉を教えるぞ」

「みんなは感謝の心はあるか?」と聞くと多くの子達が親への感謝を話した。

その他にもよく考えてみると、人生にあたりまえなんてない。目が見える事。走れる事。健康である事。平和な時代に生まれた事。裕福な日本に生まれた事。仲間がいる事。ご飯が食べられる事。こうしてボクシングが習える余裕がある事・・考えればこの世は有難い事ばかり。

それでも人は足りないモノに目を向けて不平不満や愚痴を言う。

その思いは当然僕にもあったし、気を抜けば出てくる思いだ。その事に最近強く気づいた。

人生には多くの苦難が訪れる。それは因果かもしれないし、僕らを成長させる為の試練かもしれない。

苦難に見舞われると思考が固まって心がしぼむ。そんなときこそ、心を広げる為に「ありがとう」と唱えてみよう。

「ありがとう」と唱えると心が広がって、とにかく前向きになれる。心が柔軟になる。

それならば、どんな苦難が訪れようと明るく楽しい言葉で波長を上げて、「成長させてくれているんだ」と感謝の思いを忘れずに一生懸命乗り越えていきたい。

ある実験で、がん細胞を注射した二匹のモルモットに「ありがとう」とネガティブな言葉をそれぞれに聞かせ続けた。結果には大きな違いが出たらしい。

それぐらいポジティブな言葉とネガティブな言葉にはどちらにも強い「言霊」が込もる。


「前向きな思いと言葉を使う人と後ろ向きな思いと言葉を使う人、どちらが幸せになれる?」

答えは簡単。子供でも分かる事が大人になると分からなくなる。

こんな話を聞いて「ありがとう!ありがとう!」と唱える子が数人。笑 いい!素直!素直が一番!

松下幸之助さんが言われる「素直な心」。ここに試練や困難を乗り越えていく為に大切な鍵があるように思う。

この後、住吉神社でのランニングはみんなこれまでで一番のタイムで走り切った!やっぱりポジティブな心は頑張る力を養うわ!みんなありがとう!(^^)/      会長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧