すべてがあなたにちょうどいい。

高橋イズム

これは今日の朝練で選手達に話した事の一部です。

釈迦の言葉に『すべてがあなたにちょうどいい』というモノがあります。

今のあなたに
今の夫がちょうどいい
今のあなたに
今の妻がちょうどいい
今のあなたに
今の親がちょうどいい
今のあなたに
今の子供がちょうどいい
今のあなたに
今の兄弟がちょうどいい
今のあなたに
今の友人がちょうどいい
今のあなたに
今の仕事がちょうどいい
死ぬ日も
あなたにちょうどいい
すべてがちょうどいい



この言葉を聞いて思う事は人それぞれだと思いますが、僕はこう思いました。

すべては人として成長する為に与えられた事、もしくは選んだ事なのだから、今の自分にちょうどいいのだと。

昨年を一言で表すと「怒」でした。多くの応援や協力があり、「感謝」という思いも深くありましたが、懸命に頑張っただけにそれを裏切られる形となった結果や行為に強い怒りを覚えました。

しかし、それは僕の未熟が故の感情であり、その経験は僕にとって、人としての成長を一番促す有り難くちょうどいい問題だったのだと思います。

自分にとっても、そして他の人にとっても「今の学びが、経験が、ちょうどいい」と言えます。

成長の途中。だからこそ自分を、人を、「信じ、待ち、許す」事もできます。

僕の今の人としての課題は「許す事」なんだと気づきました。許せば交感神経が静まり、副交感神経が動き出すと体が緩み、心が穏やかになります。

以前に凄い怒りや争いがあり、それらが解決したときに今までに味わった事のないような「落ち着き」や「穏やかさ」を感じた事があります。

あの状態を取り戻したいと常々思っていましたが、答えは「許す(愛)」ここにあるのだと思います。

年末から年始に掛けてのこの気づきで多くの悩みや葛藤が消えました。

あとは実践あるのみ!勇気と感動の関門JAPANボクシングジム会長として、また一つ成長していきたいと思います。      マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧