許す。

高橋イズム

子供が転ぶのを過剰に防ごうとする親がいます。だけど、実際に転んでみなければ本当には学べません。

「信じ、待ち、許す」といった愛が必要なのだと思います。だから僕は子供の成長にとっての「ちょうどいい経験」を極力取り除かないように考えています。

子育てから学ぶ事を冷静に選手や会員に対する指導にも役立てたいと思っています。

               勇気と感動の関門JAPANボクシングジム会長 高橋正行

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧