関門JAPAN三人衆in広島まで、あと一週間。

関門JAPANボクシングジム


チャンス望月は二戦目にして4戦2勝(1KO)2敗と、4倍のキャリアを持つ松岡選手(サウスポー)との試合に挑む。
初のサウスポー対策に、はじめの頃はかなり戸惑っていたけど、最近はだいぶ自信を持ってスパーリングができている。
不安との闘いを終え、強い自信を持つボクサーになる事が敢えて強敵と戦う意味でもある。
強いメンタルとハードトレーニングでチャンピオンにはなれるだろう。
だけど真のチャンピオンになる為には「正しき心(正義)」が必要。
あと一週間、煮詰めるだけ煮詰めて勝ちにいく!

フィーバー真木は現在二連続KO負けを喫しているが、調子が悪い訳じゃない。
人生において不運期(冬の時期)というのは確かにある。
不運期の過ごし方は、それに負けない前向きな心を養う事と自身の課題を克服しながら地道に良き因果を積み続ける事。
不運期の過ごし方次第で、その後の成果が大きく変わる。
フィーバーがチャンピオンになる為に避けては通れない道だ。
そろそろ長い冬も終わる頃。いつも敵は己の中にあり!絶対克つ!

ジャンプ池尾は、この試合に勝てばA級昇格で目標のランキング入りにまた一歩近づく。
整骨院の院長をしている為、毎日は練習に来られないけど、自主練と、その危機感でその分を補っている様子。
仕事と、生き甲斐や夢を両立させようとしているジャンプの挑戦。
器用貧乏で何事も中途半端だったジャンプがかなり逞しくなってきた。
ボクシングは人としての成長をより促し、世の中に「勇気や感動」といった良き影響を与えられる素晴らしいモノだと思う。
ジャンプの挑戦が責任ある仕事を持つ多くの人にとっての希望や勇気になる為にも目標達成を!

今日で関門JAPAN三人衆in広島に向けての最終スパーが終わった。
練習を終えて、明日からの練習予定と体重調整と管理、そして心構え(メンタル)を固めるように話した。
さあ、あと1週間が大事。
最後まで気を抜く事なく克つぞ! 広島にも勇気と感動!!(^^)/       会長
PS まだ応援バス乗れマース!関門JAPAN選手らと一緒に応援に行きましょう!
 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧