人は鏡。

高橋イズム

人の幸せや頑張りを見て、facebookをやめたり見なくなる人がいると聞きました。

その気持ちが分からない訳ではありませんが、「気になる」そこにこそ自分自身の課題があるのだと僕は思っています。

人は鏡と言います。自分の善いところや悪いところも人は写し出しますが、自分の弱さや未熟さも写し出します。

例えば騙されやすい人には騙す人間が現れます。それは「猜疑心」や「警戒心」を持ちなさいという学びであったり、「依存心」を持たない事や「人を見る目」を養う事が促されているのかもしれません。

人が頑張って輝いている姿を見て、気持ちが焦るのならば頑張るしかない。そう思います。

それでも人は人。皆、それぞれに輝く場所や課題があり、みんな違っていて当たり前。

ボクシングという競技の性質上ナンバーワン(チャンピオン)を目指さないといけませんが、僕はいつだってオンリーワンでいたい。そう思っています。

だからFacebookで頑張っている人達の姿を見れば、それはいろんな意味で刺激にもなり、自分を確立させる為の材料にもなっています。      マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧