チャンピオンまで、あと少し。

高橋イズム

おかげさまでアクセル住吉がチャンピオンまであと少しのところまでやってきました。

 

 

アマチュアでは石井と同じように全日本実業団優勝、全日本社会人優勝、全日本選手権三位という成績を修めましたが、初の全日本実業団では一回戦負け。アマチュア最後の年は連敗で、山口国体でも一回戦負けと苦境を何度も味わってきた男です。

 

 

しかし、その中で生まれた住吉の座右の銘は 「ネバーギブアップ!」。諦めない!という事です。

 

 

僕も今から16年前にジムを作るとき、「どんな事があってもこのジムは絶対に続ける!」と強い覚悟を決めました。 東京での現役中はチャンピオンを狙えるとトレーナーや会長に期待されていましたが、体の不調や友人の死、人間関係など、様々な事が重なり、それを乗り越える事ができずに挫折しました。そして復帰第1戦でリング事故に遭って引退となりました。

 

 

学生の頃からいつもそうでした。

 

 

だから自分の、人としての課題に気づく事ができました。 自分本位にならず、人の為に、人間的成長を目指す事。そして絶対に諦めないという強い覚悟を持つ事。

 

 

何かを成す為には大きな人間的成長が必要な為、必ず試練や逆境に遭うように思います。

 

 

覚悟がなければ不安や逆境に打ち克つ事はできません。

 

 

だから、若い子達にも知っておいて欲しいと思います。

 

 

苦労なくして成長なし!成長なくして成功なし!絶対に諦めないという強い「覚悟」が人生勝利の要諦なのだという事を。

 

10年前のアクセルとバーニングと。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧