独りごと

高橋イズム

今回の「プロフェショナル仕事の流儀」はローソン本部の社長の話でした。
正直、僕はローソンにはあまり行きません。 もっぱらセブンイレブンです。
なぜか? 弁当やパン類に差があるからかな?
その他の商品に差はないと思うんですけどね…
前にセブンイレブンの経営の本を読みました。
よく考えてるし、行動力、実行力が凄いと思いました。
さすがコンビニ業界NO1だと思いました。
やはり、方向性を決めて舵を取り、社員を引っ張って導いていくトップの力なのかな?と思います。
ふと考えました。セブンイレブンとローソン。勝ち負けが出てる気がする。じゃあ、マクドナルドとモスバーガーはどうだ?
詳しく知りませんが、僕の感覚では同じハンバーガー店ながらも畑が違う気がします。
食べ慣れた味で安さが魅力のマクドナルド。少し割高ではあるけど、品質重視のモスバーガー。
どっちも行きます。そのときによりです。互いにカラーをしっかり出しているからなんだと思います。
ローソンがセブンイレブンを追ってもダメだと思います。 二番煎じはダメですからね。
いかに独自のカラーを打ち出していくかが生き残る条件のような気がします。
ただローソンでも、オーナーの力により流行っているところもあると思いますから、やっぱり独自のカラーが必要なんだと思うんです。
ボクシングジム経営でも、ボクシングスタイルでもライバルの真似してもダメって事だと思います。
早く自分のカラーを見つけて、そこを追求していく事が成功への道だと思います。
偉大な先人から学ぶ事は当然大切です。
基本なくして応用やオリジナルはありえない!というのが僕の持論です。
ずいぶん偉そうに言ってしまいましたが、あくまで未熟な僕の独りごとと思ってください。 m(__)m       マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧